iPhone水没後に気を付けたい事

iPhone水没を防ぐために自分でできることとは?もし水没してしまったらどんな処置を行えば良い? - iPhone水没後に気を付けたい事

iPhone水没後に気を付けたい事

uyfku
ふとした瞬間にやってしまうのがiPhoneの水没事故です。残念ながらiPhoneは防水ではありません。水没させてしまった場合、復帰させることはできるのでしょうか?運がよければ復帰も可能です。iPhoneが水没してしまった後にとりたい対策とはどんなものがあるのでしょうか。

電源をきる

水から引き上げたらすぐに電源をOFFにします。電源はiPhoneの上についているボタンを長押しします。電源を入れたままにしておくとショートしてしまう危険がありますので、すぐに対応しましょう。

すぐに水分をふきとる

本体についてしまった水分を可能な限りふき取りましょう。中まで水分をふきとることは不可能ですが、外についた水分をできるかぎりふき取るようにします。iPhoneとカバーの間に水分がたまっている可能性がありますのでカバーを付けている場合はすぐにカバーをはずし、ティッシュやタオルなどで水分を素早くふきとりましょう。

できるかぎり内部の水分も

iPhoneのイヤホンジャックやDOCコネクタなどの端子部分の水分もできるかぎり吸い取っておきましょう。ティッシュなどを細くねじって吸い取るようにします。あまり深くねじ込むことはしないようにしてください。奥深くまで入ってしまった場合は外から吸い取ることはできませんが入口に入り込んだ水分を吸収することはできます。

SIMカードを抜く

次にできるだけ早く対応したいのがSIMカードです。SIMカードはiPhoneの横の部分、小さな穴があいているところに入っています。iPhone購入時に同封されていたSIMカードの取り出しツールがある場合はそれを使い、ない場合は穴に入るぐらいのもので代用し、SIMカードを取り出します。取り出したカードもできるだけ水分をとるようにティッシュなどにくるんでおきます。SIMカードも乾燥させる必要がありますので水分をふき取った後はしばらく乾燥させるために放置しておきます。

乾燥させることが第一

iPhone水没させてしまった場合はできるかぎり内部の水分を乾燥させることが重要です。しばらくはティッシュなどにくるんだまま放置しておきましょう。時間は2、3日はあけておきたいところです。電源を入れるのは乾燥してからでないと内部をショートさせる原因になります。

電源が入ったらバックアップを

電源が入ったからといって完全に直ったかどうかはこの段階ではわかりません。ある日、突然電源が入らなくなる、などのトラブルが起こってしまう可能性があります。何よりも中のデータを守ることが大切ですので、もし電源が入るようになったのでしたらデータのバックアップをとることをおすすめします。

できれば修理をお願いする

水没の場合怖いのが復活した後にも突然電源が入らなくなったり、ある機能だけ使えなくなるなど不具合が後になって出てくる可能性があることです。できれば水没をしてしまったら念のため修理を行ってくれるお店などにみてもらうことをおすすめします。

水没したiPhoneを復帰させてくれる業者も

iPhoneを水没させたからといって必ず壊れてしまうわけではありません。日数はかかりますがiPhoneをもとのように復活させてくれる業者もあります。新しいiPhoneを購入する資金などがない場合などにはそういった業者を利用することも検討してみましょう。水没してしまったからといってすぐにあきらめる必要はありません。また復活する可能性もあることを覚えておくといざというときに役に立つのではないでしょうか。
新宿で一番早いiPhone修理といえばモバプロ『http://mobilephoneprotector.jp/』

新着情報

◆2016/05/28
iPhone水没後に気を付けたい事の情報を更新しました。
◆2016/05/24
水没したiPhoneが復活する条件とは?を新規投稿しました。
◆2016/05/23
水没したiPhoneが復活しないときの対処法を新規投稿しました。
◆2016/05/22
iPhone水没事故を防ぐ!事前にやるべきことを新規投稿しました。
◆2016/05/21
iPhoneが水没!乾燥させる方法とは?を新規投稿しました。